ホーム > 健康 > メラトニンやセロトニンがないと病気に!!

メラトニンやセロトニンがないと病気に!!

パニック障害やうつ病などの心の病は、今の日本の世の中において

決して人事ではない重大な病気です。

 

 

会社や将来の漠然とした不安やストレス、

あるいは不規則な生活習慣などが原因で発症してしまう、

このパニック障害やうつ病ですが、

これらの病を克服する為にはセロトニンと言われるホルモン物質の

分泌量を増やす工夫をする必要があります。

 

というのもパニック障害やうつ病は通常の状態に比べて

セロトニンの分泌が著しく低下している為

引き起こされることが原因の一つとして分かっているからです。

 

ですから、日々の生活の中でセロトニンを増やす工夫をすることで

パニック障害やうつ病を改善、克服することに繋がるということです。

 

 

また、セロトニンがぶんぴつされないと、

睡眠に関わるホルモンであるメラトニンも分泌されません。

 

ですから食事や生活習慣を正してセロトニンをしっかり分泌させないと

不眠症、睡眠障害になってしまう可能性が高くなるということです。

 

夜に眠れないからといって睡眠導入剤を使用したり、

お酒に頼ったりすれば悪循環になる恐れもあるのです。

 

薬以外ではメラトニンサプリの副作用と効果も着目されますが、

やはり体内できちんとメラトニンを分泌させることが重要です。

 

質の良い睡眠がとれなくなれば先に挙げたうつ病やパニック障害のみならず、

免疫力が低下して様々な病気を引き起こすリスクがあります。